絵画・立体
絵画・立体











 

 


アートフェア東京2011 平野古陶軒【ブースB-21

アートフェア東京の開催は下記の日程に延期されました。4月開催のご招待券は、新しい日程でもそのままご利用いただけます。

−開催概要−
会期 2011年7月29日(金)〜7月31日(日)
    会期中無休
会場 東京国際フォーラム 有楽町
    03-5221-9000(代)
    東京都千代田区丸の内3-5-1
開館時間 7月29日(金) 11:00am - 9:00pm
開館時間 7月30日(土) 11:00am - 8:00pm
開館時間 7月31日(日) 10:30am - 5:00pm
アートフェア東京

アートフェア東京とは
アートフェア東京は、2005年に始まった日本最大のアートの見本市です。世界的には、スイスのバーゼルで開かれるアートフェアなどが有名で、ディーラーやコレクター、美術愛好家の交流の場でもあります。2011年は、国内外のギャラリー133店が集結し、古美術から工芸、日本画・洋画、現代美術まで、多様な作品が集結します。

 

<単色釉磁 中国・清時代 - Monochrome wares, Qing Dynasty - >

今回で4回目の参加となる平野古陶軒では、中国陶磁を中心として、橋場信夫による存在感のある平面、藤田勇哉の挑戦に満ちた絵画、山田啓貴の語りかける作品を展示致します。普段は触れる機会の少ない、中国陶磁の持つ量感や洗練されたフォルム、そして新たに生み出された作品たちをゆっくりとご覧ください。
この小展覧会にちりばめられた作品の性格や様式、国や年代はまるで異なります。しかし、そのカラフルな個性がぶつかり合うとき、新しく生き生きとした対話が生まれ、緊密な展示空間に心地よい調和が生まれるのです。是非その瞬間を体験してください。
※当初予定されていた4月開催が延期されたため一部展示作品に変更があります。

We will be participating in ART FAIR TOKYO from 1 - 3 April 2011 in Japan, where you will be able to visit us at stand number B-21.
Highlights of the exhibition will include works by:
・Chinese monochrome ceramics from Song and Qing Dynasty,
・Japanese Contemporary artist : Nobuo Hashiba, Yuya Fujita, Keiki Yamada.

For further information please contact us.

Information: http://www.artfairtokyo.com/en/


□出品作品

・中国陶磁 宋磁、清朝単色釉磁ほか 40点
・橋場信夫 「那智滝」 1点
・藤田勇哉 「YF313」「YF314」油彩2点
・山田啓貴 「寄り添い合う果実」「石榴の佇まい」ほか 油彩9点



紅釉小瓶



黄地紅緑釉双龍文皿



山田啓貴「寄り添い合う果実」



山田啓貴「石榴の佇まい」



藤田勇哉「YF313」



藤田勇哉「YF314」