古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

柳宗悦(やなぎ むねよし)

1889年(明治22年)、東京麻布に生まれる。学習院高等科在学中に武者小路実篤,志賀直哉らとともに「白樺」を創刊。キリスト教神学等の研究や西洋近代美術の紹介に努める。その後、東京大学哲学科を卒業。バーナード・リーチと知り合い、彼の影響により英国の象徴詩人で画家でもあったウイリアム・ブレイクの思想に共鳴し研究を深める。自らの直感に重きを置くブレイクの思想を通して、東洋の老荘思想や大乗仏教に辿り着き、宗教的真理と美の真理の同一性を見出していった。
また、時同じくして朝鮮に度々渡り、雑器としてその価値を見出されずにいた「李朝美術」に温厚で静寂な美しさがこめられているといち早く直感し、ソウルに「朝鮮民芸美術館」を開設した。
1924年から3年という月日をかけて、江戸期につくられた木喰上人の「木喰仏」の研究に励む。その経験から民家の中に息づいてきた工芸品の美の姿に、李朝美術とともに仏においても発見することでより深い確信へと至る。浜田庄司,河井寛次郎らと共に1929年(昭和元年)「日本民藝美術館設立趣旨」を発表、「用の美」を「民藝」という言葉をもってはじめて表し、その理論づけとして雑誌大調和に「工芸の道」を発表する。1933年(昭和6年)には雑誌「工芸」を創刊。1934年(昭和7年)日本民芸協会を発足、大原孫三郎の援助を受けて1936年(昭和11年)東京駒場(目黒区)に日本民藝館を設立。館長に就任して、館を中心とした展覧会活動など幅広く展開していく。
晩年、「用の美」の基礎深く追求していくにつれ、やはり「信と美」の結び付きへと行き着き、ついては阿弥陀の本願による力にその答えを求めようとした。美の追求という難題を仏教思想に基づいてさらに研究を続け、1961年(昭和36年)に逝く。
1957年(昭和32年)文化功労者、1960年(昭和35年)朝日文化賞を受賞する。



 

 

文献
筑摩書房 柳宗悦蒐集民芸大鑑
日本民芸協会 柳宗悦選集
日本民芸協会 今も続く朝鮮の工芸
日本民芸協会 民芸図鑑
日本民芸協会 美の法門
日本民藝館 無有好醜の願
工芸選書 諸国の土瓶
工芸選書 雪国の蓑
工芸選書 津軽のこぎん
工芸選書 日田の皿山
木喰五行研究会 木喰五行上人略伝
集英社 柳宗悦と共に
昭和書房 民芸叢書
不二書房 私の念願
叢文閣 宗教とその真理
生活文化研究会 信と美
靖文社 民と美
岩波文庫 民芸四十年
岩波文庫 柳宗悦随筆集
岩波文庫 柳宗悦民芸紀行
岩波文庫 南無阿弥陀仏
岩波文庫 柳宗悦妙好人論集
平凡社 柳宗悦
紀伊国屋書店 柳宗悦

他多数

関連美術館
日本民藝館
白樺文学館

 

 

 

東洋美術<李朝染付>陶磁関連資料美術館リンク

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved