東洋陶磁・金石 平野古陶軒
東洋陶磁・金石 美術館リンク 美術品評価査定
 

 

東洋陶磁・金石
東洋陶磁・金石






中国青銅器
中国漆工芸
唐三彩
磁州窯
耀州窯
青花・染付
五彩
古染付
高麗青磁
李朝陶磁
安南陶磁





 

 

 

東洋陶磁・金石

東洋ではその長い歴史を通じて、技術的にも芸術的にも完成度の高い文化財を多く生み出してきました。四千年ほど前の中国では人を圧倒させるような装飾を施した青銅器が出現し、唐代には多彩な造形の俑、優艶な色彩の三彩が現れました。宋代になると幽玄な世界を創り出す青磁が主役となり、元代から明代にかけて染付といった絵画的表現が装飾に加わることとなりました。朝鮮半島では翡色と言われるほどまで完成された高麗青磁、質朴で温もり深い李朝陶磁があり、その他ベトナム・タイ・ビルマなどそれぞれの歴史を背景とした文化が華開きました。
ここではその一部を取り上げて、様式や技法を簡単に解説していこうと思います。参考文献や実際に作品を収蔵している美術館のリンクもありますのでご活用下さい。東洋美術に近づくきっかけとなれば幸いです。


 

 

 
 
東洋歴史年表


日本・中国・朝鮮の300年頃から年表を比較できるよう図版にして表現しています。また、一部の年代については年号,皇帝名,美術的区分など詳細な記載も行っています

  東洋歴史年表中国歴史年表中国・古代中国・唐中国・明


東洋歴史年表